さいころ結社 TOP  >  スポンサー広告 >  ゲームマーケット2014秋  >  ぐるぐるチャーム >  【ぐるぐるチャーム】カードの紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ぐるぐるチャーム】カードの紹介

【ぐるぐるチャーム】のカードを紹介します。

と、その前に大変申し訳ございませんが、ここからの説明で、1点だけ表記の変更をしたいと思います。

【攻撃判定】【バトル】に変更します。
【攻撃】と【攻撃判定】という似たような名前のターンがあり、混乱してしまう可能性があったのですが、名称を変更したら、説明がとてもわかりやすくなったのです。

カードも説明書も原稿は全て入稿してしまっていますが、特にゲームのルールには影響しませんので大丈夫です。
もし【攻撃】と【攻撃判定】について、混乱しそうになったら
【攻撃判定】は【バトル】の事と思ってください。
わかりづらい説明で、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
_______________________________________________________________________________________________________________________________
では、カードの説明です!

カードは全てバトルに使用するか、召喚、罠、魔法のターン時に特殊能力を使うかが選べます。
バトル時の使用は左上の数字を比べるだけなので、今回は特殊能力についてのみ説明します。
_______________________________________________________________________________________________________________________________
【召喚】の能力は召喚カードの配置時に
《攻撃カードとして、場に召喚できる》です。1015-1.jpg

攻撃力は1ですが、バトル時に攻撃力5に勝つことができます。
全て召喚してしまわずに、切り札として手札に残しておいてもいいでしょう。

1015-2.jpg

こちらの攻撃力は2ですので、バトル時に1にしか勝てません。
攻撃時は2点のダメージを与えられるので、なるべく場に召喚してみるといいでしょう。
_______________________________________________________________________________________________________________________________
【トリック】の能力は罠のターン時に配置したあと、
《攻撃成功時に、攻撃力が2倍になる。
ただし、攻撃失敗時は、敵の攻撃力が2倍になってしまう》
です。
1015-3.jpg

このカードは一か八かのカードです。
手札を見てこのラウンドのバトルに勝てそうなら、罠として配置してみるといいでしょう。
バトルに勝てば一度に沢山のダメージを与える事ができます。
ただしバトルに負けてしまうと…
_______________________________________________________________________________________________________________________________
【罠破壊】の能力は魔法のターン時に手札から出して、
《相手の罠を破壊することができる》です。
1015-4.jpg

魔法カードは相手が罠を発動した後にも出す事が出来るので、思わぬ罠でピンチの時に切り抜ける事ができます。
_______________________________________________________________________________________________________________________________
【ナース】の能力は罠のターン時に配置したあと、
《攻撃失敗時に、敵の攻撃力分、HPを回復できる》です。
1015-6.jpg

手札を見て、バトルに勝てそうにない場合や、HPが低くなって来た時に、発動すれば回復する事が出来ます。
しかし発動条件がバトルに負ける事なので、弱いカードを出してもうっかり相手に勝ってしまうと何も起こりません。
_______________________________________________________________________________________________________________________________
【援軍】の能力は魔法のターン時に手札から出して、
《攻撃判定時に+③として
追加で場に出すことができる》
です。
1015-5.jpg

このカードはバトルに勝つ確率を大幅に上げてくれる頼もしいカードです。
攻撃力は5が一番高いですが、5は1に負けてしまうというリスクもあります。

そこで、このカードと攻撃力3、4、のカードを組み合わせれば攻撃力は6、7となり、どのカードにも勝つ事ができます。
ただしバトルに勝ってもナースで回復されたり、バリアで防がれる場合もありますのでご注意!
_______________________________________________________________________________________________________________________________
【バリア】の能力は魔法のターン時に手札から出して、
《攻撃失敗時に、攻撃を完全に防ぎ
ターンを終了させることができる》
です。
1015-7.jpg

このカードは相手がどんな強い攻撃をしてきたとしても全て無かった事にできるカードです。

一か八かの勝負の時やピンチの時にお守りとして、とっておくと頼もしいです。
_______________________________________________________________________________________________________________________________
【スーパー召喚】の能力は
《残りのHPが5以下の時、
攻撃カードとして、場に召喚できる》
です。
1015-8.jpg

自分のHPが低くなった時に召喚する事が出来れば、一気に逆転する可能性があるカードです。

手札に残しておかないと、召喚できずに負けてしまう、なんてこともあります。
_______________________________________________________________________________________________________________________________
一度のラウンドで、手札のカードは何枚でも出せるので、コンボを決めることもできます。
例えば罠のターン時に【トリック】と【ナース】を配置して攻撃力1や2のカードでわざとバトルに負けて、2倍のHPを回復といったこともできます。

他にも【トリック】と【援軍】、【罠破壊】と【援軍】など様々なコンボを決めることができます。
_______________________________________________________________________________________________________________________________
召喚カードで攻撃する際、同じマークが多くあれば攻撃力が上がりますが、山札の同じマークの数はその分減り攻撃できる機会が減ります。

同じようにバトルの時も、手札に同じマークが多くあれば1回のバトルで出せるカードが増え、戦略の幅が増えますが、山札の同じマークの数はその分減り、攻撃できる機会が減ります。
状況に応じて一撃必殺タイプにするか、バランスよく攻撃をするか、戦略が考えられます。

攻撃力の高いカードは、その分強い罠や魔法などの特殊能力を持っています。
攻撃力を取るか、それとも特殊能力を使って相手の裏をかくか、シンプルながら熱い読み合いになると思います。

_______________________________________________________________________________________________________________________________
いかがでしょうか?
僕としてはとってもちょうどいいゲームバランスに仕上がっていると思います。
どのカードも状況や手札によって、それぞれの特殊能力を使い、バトルを優位に進める力を持っています。

これで一通り【ぐるぐるチャーム】についての説明は終わりになりますが、またわかりづらい点や補足があれば、お知らせしようと思います。

でわまた~( ´ ▽ ` )ノ
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。