さいころ結社 TOP  >  スポンサー広告 >  ゲームマーケット2014秋  >  ふしぎ商店街 >  ふしぎ商店街【鬼ごっこ】のルール説明

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ふしぎ商店街【鬼ごっこ】のルール説明

ゲームマーケット2014秋で発売するボードゲーム
【ふしぎ商店街】の紹介をします。
今回はもう一つの遊び方、【鬼ごっこ】を紹介します。
_____________________________________
 ☆【ストーリー】

【鬼ごっこ】

あのふしぎな商店街に迷い込んだ誕生日から数日が過ぎました。

みんなが寝静まっている真夜中に、あなたはトイレに行くために目が覚めました。
無事にトイレを済まして、自分の部屋のドアを開けたその瞬間…

なんと目の前に、あの『ふしぎ商店街』が広がっていたのです。

「またか…」そう呟いて辺りを見渡すと、今度は商店街の灯りは消えています。
不安で泣き出しそうになりながら、歩いていると、どこかから声が聞こえます。

「こっちだよ、こっち」
「キミ、また迷い込んじゃったんだね、案内してあげるよ」
みんなはどこにいるの?

「じつは今、みんなで真夜中のかくれんぼをしているんだよ」

今度はおうちに帰るためのバスに乗るために沢山のお金が必要みたいです。
さあ、隠れているみんなを見つけ出して、またしてもこのふしぎな商店街から脱出しておうちに帰ろう!
_____________________________________
 ☆ 【ルール説明】

 ☆ 【ゲームの準備】
※ここからは説明書の使用と同じように物語的な説明になっています

商店街のみんなはあちこちに隠れて◆準備◆をしています。 

1、  まず夜ボードに、夜タイルを ランダムに並べていきました。 
    (裏返しにタイルを全て配置した後に、表向きにめくりました)
    ※ボードの赤い線の上に並べています
2、  次に、助っ人カードをシャッフルして裏返しに3×3マスになるように並べていきました。
3、  お金をみんなに2~3円ずつ配りました。  
    ※2円ずつだとプレイ時間が短めに、3円ずつだと長めになります。
4、  プレイヤーコマをそれぞれのスタート地点に置きました。
    ※プレイ人数によってスタート地点が変わります。
    (2人プレイの時)         (3人プレイの時)         (4人プレイの時)
1020-1.jpg

1020-2.jpg

これで準備は終わりました。
_____________________________________
 ☆ 【ゲームの流れ】
この街を散策していると、あなたは◆ゲームの流れ◆に気が付きました。

キミの他にも同じように迷子になった子が何人かいるようです。
スタートプレイヤーをジャンケンなどで決めて、時計回りにゲームを進めます。

☆コマを進める☆
助っ人カードをめくり、自分のコマの前のタイルの数字と同じ数字の書かれた
カードを見つけることができたら1マス進みます。
正解したら失敗するまで連続でカードをめくり、進むことができます。
もし、タイルの数字とカードの数字が違っていて、失敗したら、
自分のターンでめくったカードを全て裏返して、次のプレイヤーに順番が移ります。
1020-3.jpg

☆カード入れ替え☆
助っ人カードをめくり、自分の分のターンで、四隅にあるカード入れ替えのマスを
通っていたら、その分裏返しにしたカードの場所を入れ替えます。
1020-4.jpg

☆お金をうばう☆
目の前に他のプレイヤーがいる場合、そのプレイヤーの
一つ前の数字のカードをめくります。
正解した場合、そのプレイヤーを追い越して、
追い越したプレイヤーからお金を1円うばいます。
1020-5.jpg

そのようにして先に全員のプレイヤーの、お金を集めたら勝利です。
____________________________________
最初はどこにどのカードがあるか分かりませんが、カードがめくられていくと、
だんだんと場所を覚えて、たくさん進むことができるようになります。

続けてさらにもう一つの遊び方、【かくれんぼ】を紹介します!
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。