さいころ結社 TOP  >  スポンサー広告 >  ゲームレビュー記事 >  カタンの布地

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カタンの布地

こんにちは。りすりすです。

3人で海カタンをしました!
布地

海カタンは、カタンのタイルを組み合わせることによって9つのシナリオでゲームが出来ます。
地形や目的が多彩なので、全く飽きません。
ルールは基本的に同じですが、各シナリオによって若干変わってきます。

海カタンの最大の特徴として、木と羊で船が作れちゃいます。
IMG_20150211_174245.jpg

海を超えて、未知なる大陸を目指し開拓していく!
なかなかロマンがありますよね!!

今日はその中の2つをプレイしました☆
※今回は海賊ルールを撤廃しています。
その代わり、サイコロで7が出た時の、8枚以上半分捨てルールだけ残しています。
基本、上っ面仲良しプレイですw


1つ目はカタンの布地
カタン布地

布地(トークン2つで1pt)を集め、13pt先取で勝利します。
もちろん、従来通り都市を作ったりしてポイントを稼いでもOKです。

がメガネックス君、がザットー君、が私、りすりすです。
サイコロを振った時に7、次に6、8と出やすいのですが、今回は5と12が多く出たように思います。12の目が二人続き、少し転がして、また12!という具合で大荒れです。
6がなかなか出ない状況に焦りましたが、このゲームの醍醐味は何と言っても交渉でしょう。
自分の持っている資源の需要が高まれば、途端にチヤホヤされて気持ちのよいものです(悪い顔)

布地を得るには船に乗って島に上陸しなければなりません。
今回は、メガネックス君が遠征を試みました。
ザットー君は強大な産業都市、もはや王国?を陸地にもくもくと作り上げます。

サイコロに恵まれ、何とか私が勝ちましたが、とても熱い戦いでした!!

メガネックス君は以前、「僕の手番になったら2:1港を使って好きな資源をあげますよ」と、言葉巧みにザットー君から資源を受取り、その資源をそのまま自分の為に使うという詐欺行為を働いたので、両者の間には深い溝が!
そこに私が卑しいながらも、つけこむ形で交渉がスムーズにいったのも勝因かなぁと思います。わーい。

次回は「カタンの名跡」です!
スポンサーサイト
[ 2015/02/23 17:02 ] ゲームレビュー記事 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。