さいころ結社 TOP  >  ゲームレビュー記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

三本勝負!

こんにちは、りすりすです。
軽めのカードゲームを3つやりました。

【ワードバスケット】
プレイ人数:2~8人  所要時間:10分  対称年齢:10才以上(6才以上で遊べるルールもあります)
ワードバスケット

しりとりをして一番に手札を無くすと勝ち!というゲームです。
軽めのゲームをする時は必ず名乗りを上げますw

ワーバス解説

ボドゲをはじめてすぐに出逢ったゲームなので、思い入れがあるとっても大好きなゲームです!


【ぴっぐテン】
プレイ人数:2~8人  所要時間:15~20分  対象年齢:6才以上
ぴっぐてん

こちらは数字を使うゲームです。
簡単な足し算引き算を使います。
その名の通りぴっぐテン、場の数字の合計を10にしたら、その時点の場のカードを全てゲット出来ます。
こうして山札が無くなるまで繰り返して、一番多くカードを集めた人の勝ちとなります。

私このゲーム、びっくりするくらい弱いんですよね・・・
これ勝負だよね?と不安になるくらいアシストしてるだけの人というか、私が場にカードを出す度、次の人が「ぴっぐテン!やったぁ10になった!」の繰り返しなのでw

アシストの図ぴっぐテン

それなのに、ついついあともう1戦やろー!!と言ってしまう。
結構ムキになるゲームです。


【ロストレガシー】
プレイ人数:2~4人  所要時間:約10分  対象年齢:10才以上
ロストレガシー

貧乏探偵と陰謀の城をしました。
なんかもう、この名前の響きだけでワクワクしちゃいますよね。
このゲームは、遺跡を見つけ出したり、相手の手札を暴いたり、はたまた相手にこの手札を見られると負け等。
時折、速攻で決着がついてしまう容赦の無いゲームですw
実際、2人プレイ開始2、3分でしょうか。5手程で終了なんて事もありました。
色んな勝ち方があるので、ドローしたカードとの出会いによって色んな手段で闘えます。


次は大人数で思いきり重めのゲームがしたいです。
とても楽しかった!
[ 2015/02/10 18:28 ] ゲームレビュー記事 | TB(-) | CM(0)

斬-サムライソード-     (4人プレイ)

こんばんは、メガネックスです。
今日は友達が4人集まったので、チャンスだと思い、かねてからやりたかった「斬 サムライソード」4人プレイをやりました!
大体のルールとかはこちら→  ・「斬-サムライソード-」をやりました!

まぁ、今回はこんな感じで、将軍と侍VS忍者陣営でのチーム戦になります
7-30斬①
そして、4人プレイからは【正体隠匿】の要素が加わります。

まず、最初に将軍だけ身分を明かします。
その後プレイヤーは将軍に味方している侍は誰か、敵対している忍者は誰かを、他の人の攻撃目標などを参考にして推理します。
なるべく自分の正体を隠すため、わざと味方と思われるプレイヤーに攻撃したり、味方かと思っていたプレイヤーに攻撃されたり、とにかく疑心暗鬼になりながら、敵陣営をやっつけるゲームです。


さてこのゲームは、僕『メガネックス』、『りすりすさん』、『ザットー君』、『レイン君』の4人でプレイしました。
『レイン君』が将軍、僕は忍者でした。僕は将軍を倒しますが、他の味方の忍者、敵の侍が誰なのかわかりません。

レイン君が自分の正体を明かしたあと、ここでりすりすさんが「よーし、将軍、倒すぞ」と失言してしまいました。
慌てて「とか言ってるけど、りすりすさんは忍者じゃないかもよー」とフォローを入れました。

でも、僕もみんなも知っているのです。
りすりすさんは嘘がすっごく下手くそなのを。


オリジナルゲームのダウトUNOをやった時も一度もブラフを使わなかったり、
初めて人狼オフ会に行った時も、おどおどしながら「あ、えっと…霊媒師です」とバレバレな嘘をついていました。

でも、レイン君も初めてなのでとりあえずこのままやってみようということになりました。

ゲームは、案の定りすりすさんは、将軍と侍と疑わしきザットー君に攻撃していました。
忍者の僕には一度も攻撃をしなかったので、りすりすさんと手を組んで、侍に集中攻撃をします。

僕とりすりすさんVSざっとー君とレイン君の図式が出来上がっていました。
何度か疑心暗鬼になり、他の人にも攻撃をしていましたが、僕がざっとー君に止めを差しました。

その後りすりすさんがもう一ターンやって勝負終了です。
将軍のレインさんのHPも削れそうです。

「勝った!」
ぼくは勝利を確信しました。
気分は、さながらデスノートのキラです

そしてりすりすさんの最後の攻撃
「じゃあ、この鎖鎌で、メガネックス君に3点の攻撃」

「え?」

僕は、きっと最後のターンだから遊んでいるのかなと思い、
りすりすさんに「えっと、将軍のHPあと3つだから削れるよ」と説明しました

しかしりすりすさんは意見を変えません。

その時、僕の奥底に眠っていた疑惑が確信へと変わりました。
「ま…まさか」

もしもりすりすさんが侍だとしても、僕の味方のザットー君に攻撃をするのだと!
りすりすさんが僕にだけ攻撃をしなかったのは僕に仲間だと信用させるためだとしたら

そして全員の正体をオープン
りすりすさんは『侍』、ザットー君は『忍者』でした。

ぼ…ぼくは、今までずっと仲間の忍者に攻撃をしまくっていたのか!?
しかもトドメも僕が与えてしまった!!
ぼくはなんてことをー!!
うわー!!

デスノートのキラは最後、勝利を確信したあと負けてしまいます。
正にそんな気分です。

まさかあの、りすりすさんがみんなをだましていたなんて!
将軍もすっかりザットー君を味方だと勘違いしていたし、
ザットーくんは途中で感づいていて、(メガネックスー、もう俺への攻撃を止めるんだー!)
って思ってたらしいです。

最初の失言もわざと、正体を隠して同士討ちをさせる作戦だったみたいです。
りすりすさんは途中ずっと無言で真剣そうだったのも、笑いをこらえていたからです。

初めての正体隠匿プレイでここまで人を狡猾に騙せるなんて、なんという策士!恐ろしい!

…という感じで勝利を確信していた僕、結果は4対11という大惨敗!!
7-30斬②

いやーこのゲーム、負けてしまったけれども、すっごく楽しかったです。
同じ、正体隠匿の人狼より、僕はこっちのほうが好きだなぁ。
またリベンジしてみたいです。

それにしてもブラフなんて絶対にできないと思っていたりすりすさんが、こんな大嘘がつけるようになるなんて、恐ろしいものです…
[ 2014/07/31 02:16 ] ゲームレビュー記事 | TB(-) | CM(0)

斬-サムライソード-     (3人プレイ)

こんばんは、りすりすです。
今日は友人とボードゲームをしました。

早速ご紹介致しますはこちら!(じゃんっ

7-25斬①

斬-サムライソード-

将軍、侍、忍者、浪人などになって自分の身分を隠して、敵陣営をやっつける【正体隠匿型】のゲームです。
武器カードで攻撃したり、それを捌いたり、特殊能力で敵のカードを奪ったりして、
敵陣営のライフと栄誉点を奪って戦います。


7-25斬②


メガネックス君、我らが同志ザットー君、私の3人でプレイ。初プレイで45分くらいでした。
今回は3人だったので、正体隠匿は無しで。
私とザットーが忍者チーム、メガネックス君は将軍!(何か偉そうだぞー

2対1で戦った訳なのですが、後半まで私はほぼ空気でした(涙)
攻撃系のカードが余り回ってこず、防御カードである捌きが溜まる溜まるww
コクーン&トランセルの固くなるを彷彿とさせますorz

何とか将軍の栄誉点を削りきり、ゲームセット。勝ったと確信して大はしゃぎしていると。。。

家臣のカードが目の前に!!
(※家臣のカードは、ゲームセット時まで保持していると、栄誉点になるのです)

メガネックス君の不敵な笑みと、隠し持ってたのかーーーと驚愕する忍者2人。
引き分けだったのが救いでしたが(悔)

最後の最後まで解らない、大どんでん返しっぷりが最高に面白かったです。

今回は3人でしたが、次回は大人数での正体隠匿ルールで遊びたいものです!


斬-サムライソード- 日本語版斬-サムライソード- 日本語版
(2013/01/26)
ホビージャパン

商品詳細を見る




[ 2014/07/25 02:47 ] ゲームレビュー記事 | TB(-) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。